読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く、時々深く

アラサー。エイトを中心にほぼ事務所担。ヲタ歴は13年くらい。女子ドルやお笑い、俳優も好き。

アイドルの結婚(家族の反応編)

ジャニーズの結婚について第二弾。
これ、下書きしておいて一週間以上放置してしまってました。
今さらな話題だし、いつまで引きずってるんだ!&これ関連の話に拒否反応のある方は、回れ右でお願いします。
 
我が家は私も母も弟もジャニヲタで、母は「まぁ年齢も年齢だし、TOKIOメンバーだったら誰が結婚してもおかしくないでしょう」と言うあっさりした反応。
娘の私的には「母の年齢なら、好きなアイドル年下だとしても)の結婚に対して嫉妬なんて無いんだろうなぁ」とさらっと思っていました。
が、よく考えてみれば、母は木村先輩と山口先輩が好きだった…!!
母のあっさりしたリアクションは、2回の試練を越えた、ある意味ジャニヲタ的悟りの境地を開いてたのかもしれません。
未だに工藤さんがテレビ出てると、完全拒否では無いけれどちょっと嫌そうな反応はするけど。
 
そして弟(19歳)、山下・横山(赤西)担歴約9年。
彼は幼少期から私と母からジャニの教育を受けていたので、小学校高学年の時にはすっかりジャニヲタで、
常々「ヨコみたいな兄ちゃんが欲しい」「すばると古着屋巡りしたい」「ぴーは可愛い!」「伊野尾は可愛すぎて女子!」発言をしています。
(後半の発言はちょっと怪しいものがある…)
そんな弟に今回の結婚報道を受けて、「もし、ヨコが結婚したらどうする?」と聞いてみました。
「ん〜…なんか寂しいし、なんか嫌かも」と複雑な顔。
同性で憧れのように見ている相手の事なので「嬉しい」とか祝福の気持ちが勝るのかと思っていたら、
意外な返事が帰って来て思わず聞き返してしまいました。
やはり自分が好きなアイドルが自分にとって同性でも異性でも、『結婚』となると多かれ少なかれ複雑な寂しい気持ちになるものなんだなぁ、と。
ちなみに理由を聞いてみると、はぐらかされてハッキリとは答えてくれませんでしたが、「昔のヨコなら良いけど、最近のヨコ、カッコ良すぎるんだもん…」と拗ねた顔して自室へ行ってしまいました。
弟よ、仮定の話で複雑な心境にしてしまってごめんよ…。
 
アイドルって存在は、どこかで『まだ誰のものでも無い』事を望まれているものなんだな、と実感した我が家族の反応でした。