読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く、時々深く

アラサー。エイトを中心にほぼ事務所担。ヲタ歴は13年くらい。女子ドルやお笑い、俳優も好き。

改編期終了のお知らせ 1

KAT-TUN ジャニーズ ラジオ
終わった。

2015年度の年度末、ヲタクとしての総決算が終わった。

一般的な会社の決算がどういう事をするのか分からないですが、大掃除に例えるならここ数年見て見ぬ振りしてた押し入れの奥の方までくまなく掃除をし、断捨離をしたような気分で、今は何もしたくない位に疲れた。
この約2週間、自分の大好きな番組が最終回やレギュラー卒業などを次々と迎え、どうしようもない虚無感でいっぱいになってしまい、人生のほとんどをヲタクとして生きて来た中で一番ツライ改編期だったと思います。
今後のヲタ人生の中でここまでの事は無い(と思いたいので)、何があったのかを書いておこうと思います。

・ヒルナンデス木曜日から村上信五、金曜日からライセンスの卒業。
・レコメン木曜日から丸山隆平卒業。
田口淳之介、3月いっぱいで事務所を退所。
・カツンのタメ旅終了。
アルコ&ピースのann0、朝井リョウ加藤千恵のaan0終了。
・らじらーサタデーから加藤シゲアキ卒業。
怒り新党から夏目三久卒業。

書き出しても項目の数的には多くないけど、そのどれもが個人的に思い入れのある番組だったり事柄なので、そのショックは相当なものなんです。えぇ。


じゅんのがジャニーズ事務所所属じゃなくなるまで、あと数時間しか無い。
女子ドルは卒業が一つの通過点であり、一生アイドルをやる人はほとんど居ないと思いますが、ジャニーズは終わりがない。現役を続けている先輩を思えば40過ぎても十分『アイドル』をする事は可能だし、アイドルとしての活動をあの事務所だったら出来ると思うけど、自らその道を外れて別の人生を選んだじゅんの。
正直、今から完全に一般人になれる訳では無いだろうし、デビュー前のJr,なら一部の人しか知らないだろうけど、今は名前を言えば気づく人は多い訳で。
ただ長い人生を思えば、この30歳と言う年齢は、全く新しい人生をまだやり直せる段階だと個人的には思っていて。そう考えるとこのタイミングだったんだろうな。
結局、次に何をするのかは分からないまま笑顔でMステに出演し、タメ旅で「3人のコンサートが成功しますように」と願い、本当に本当に最後まであの笑顔で表舞台から去っていってしまった。
担当じゃないから言える事かもしれないけど、このタイミングでこの選択をしたじゅんのはすごくカッコイイなと思います。新しいアイドルの進む道の1つを見せてくれたのかな...とも思ったり。ただやっぱり、ヲタとしてはずっとKATーTUNで居て欲しかったな。
来月のコンで「うそうそカワウソ♪」って出てきても良いんだよ?!「おい!ファンの涙返せよ!」って言わせてよ!
...ってもう届かないんだろうな。
今は静かにジャニウェブの写真見ながら、今後の田口淳之介の人生に幸あらん事を願うばかりです。

そして続ける事を決めた3人は、これからどこへ向かうのか。
充電期間中にもどんな個人の活動があるのか楽しみに思いながら、来月末の東京ドームへ見届けに行こうと思います。


すごく長くなりそうなので、まずはここまで。
ヒルナンデスとレコメンについては、想いが詰まり過ぎて吐きそうなので(苦笑)、改めて書きます。