読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅く、時々深く

アラサー。エイトを中心にほぼ事務所担。ヲタ歴は13年くらい。女子ドルやお笑い、俳優も好き。

誕生日に寄せて〜横山さん編〜

横山裕さん、お誕生日おめでとございました!!

色々と書き始めたら、当日更新出来なかった。。。
そしてついに…ついにエイトからアラフォーが…!
いやまぁ、ここ数年で更に磨きがかかってる横山さんは全然実年齢には見えないんですけどね。
初めて横山さんを知ったのは、関西Jr.としてまだ『候隆』で雑誌に載ってた時だから…もう20年位前なのか。
当時はヤンキーみたいな金髪で「ガラ悪いな〜」って思ってたのに、その10年後に一番好きなグループのメンバーとして好きになるとは思ってもみなかったw
そして1月の村上さんの時に引き続き、横山さんの好きな所を書いてみようと思います。





『プロデューサー//横山裕
グループ内ではもちろん事務所の他のブループのメンバーと比べてもなかなか居ない、プロデューサー視点をもってグループを見ていて、それを実行している人だと思います。
私は関西Jr.に入り立ての時期は見ていましたが、次にしっかりと追いかけるようになったのはデビューしてからなので、気づいた時にはグループのお兄ちゃんポジションで、すでにプロデューサー視点での行動や発言が見えているように感じました。
松竹座時代、集客する為に色々と企画を考えたり工夫をしなければいけなかったのは当時大変だったでしょうが、それがあったからこそ身に付いた力なんだろうな〜と。
エイトレンジャーは2回も映画化したし、今までの横山さんプロデュースのDVD特典映像はどれも予想を裏切らない面白さだし、本当にメンバーを良く見てるからこそ考えられる企画なんだと思います。
あと、ファンが見たい部分をよーく分かって映像などで出してくるので、どこかでファンサイトやオフ会の会話聞いてないよね?!と怖くなる時もありますw
最近は他のメンバー企画の事も多くなって来たので、また久しぶりに横山さん企画の物を見たいなぁ(希望)



『お兄ちゃん感』
私生活でもグループでも常にお兄ちゃんポジションで、いざとなったら全力で守ってくれそうなお兄ちゃん感がハンパ無い。
子供の頃からなのか環境がこの性格にさせたのか分からないけど、横山さんが居ると何か安心出来る感じ。
それこそ関西Jr.と言うグループというカテゴリーでメディアに出される初期の頃だから直接学ぶ先輩はデビューした先輩達で、Jr.としての先輩って少な かっただろうし、だけど下に増える後輩達には教えないといけない立場だっただろうから「しっかりしないと!」って言う気持ちが強かっただろうなぁ(あくまでも予想ですが)
ただ最近はグループ内で他のメンバーも進行や引っ張っていく側をやる事が増え、だからこそ見えてきた1面もあるから、自由になった横山さんもたくさん見たい。

なんだろ?イメージ的にはよこひな夫婦がエイト一家を引っ張ってきたけど、子供たちも立派に成長して巣立って、夫婦は成長が嬉しいけど巣立った寂しさもある...ような空気感を最近の2人から感じるんですよね。

ちょっと話逸れましたけど。



『子供っぽさや親しみ易さ』
先のお兄ちゃん感と反対の子供っぽさも持ち合わせているのが横山さん。
しかもそれがわざとらしい感じじゃなくて(あざとい時はあるけどw)、女性ファン目線だと母性擽られるし、男性ファン目線だとカッコつけてなくて親しみやすさになる。
現にこの辺りの感じが男性ファンが多い理由なのかな?とも思ったり。
(ちなみに約10年横山担の弟(20)は昔から「横は兄ちゃんか、親戚の兄ちゃんとして欲しい!」とずっと言っている)
ちょうど先週のテレビ誌で番組の担当ディレクターさんが横山さんの事を『こちらが話やすいような隙を作ってくれる』という様な事を話していて、子供っぽさとは少し違うけど、こういう所も話しやすさというか、親しみ易さの1つなのかも、と。
あんな綺麗な顔していて話すと普通の兄ちゃんなギャップが良いし、さっき書いたように頼れる兄ちゃんでありながら抜けてる所が魅力。

そこが最年長なのにイジられる理由なのかも...と思ったり。

クロニクルの『すぐムキになる横山』も、素の横山さんに限りなく近いんだろうな〜と見ながら、母性本能擽られてますw



『努力家』
近年、ファンが目に見えるジャンルの事で一番努力しているのが横山さんのような気がします。
メンバーみんな、何かしら常に趣味から派生した事を突き詰める為、今までやってきた事のレベルアップの為にもちろん努力をしていると思いますが、横山さんはファンの目に見える部分で大きく変化しているからすごい。
まずはトランペット。
JBツアーで初披露した時、ツアー初日にサブステの近くで参加してたんですが、暗転中に何かスタッフに手渡されるシルエットが見え、「あれ?横が何か持ったけど…楽器じゃないだろうし、何だ?」と思ったらまさかのトランペット!!
グループでバンドやる時もみんな元々好きで始めた楽器だったり、村上くんのキーボードも2008年辺りから始めてたから、まさかここに来て横山さんが新しい楽器を始めるとは思ってもみませんでした。
オフショットやメンバーのインタビューなどですごく練習していた事が分かりますし、私が観た初日の時、
自分の歌う所意外ずっと心配そうに横山くんを見てるすばるとか、心配してるけど「がんばれ!」という暖かい目で見ている村上くんとの兄ちゃん3人の雰囲気がすごく良かった。
前回の『元気が出るLIVE]』では亮ちゃんのサックスとのセッションもカッコ良かったし、エイトの魅力の巾が広がったように思います。
エイトのバンド演奏大好き人間にとって、7人がそれぞれの楽器でセッションする様子は、見ていてゾクゾクします。
去年のドリフェスで、トランペットソロの時エイトファン以外のお客さんがその意外性にどよめいたのが今でも忘れられません。
そしてここ何年か鍛えてる体型。

前までは脱ぐのを嫌がってたとは思えないくらいすぐライブで脱ぐし、シックスパックを惜しげも無く披露していてw
昔、横山さん・丸ちゃん・大倉くんがぽっちゃり3人組とか言われてたけど、リバウンドする事無くあの体型をキープしていてビックリ。
メンバーの中で一番にターザンに出るとも思わなかったしw
それまで「楽して痩せたい」みたいな事を言っていたタイプがここまで体を鍛えて絞ってる姿を見て、ダイエットしたいと言いつつお菓子食べてる自分に喝を入れないとダメだなぁ…と反省したりもします。
番組の企画で高卒認定試験受けるのも、ある程度大人になってから勉強して試験を受けるってなかなか大変な事だし。
何事に対しても日々努力しないとここまでにならないし、中途半端じゃ人様に見せられるようにはなれないし、本当にただただ努力家な横山さんを尊敬します。




横山さんは家族や友達に対しても、グループに対しても、ファンに対しても、とにかく自分と関わる人達に対しての情が深くて。

常に「みんなを笑顔にしたい」って思っているのをヒシヒシと感じます。

その分自分自身の幸せは後回しになってるような気も(勝手に)しているので、横山さんにもしっかり幸せになって欲しいな、と思います。


何だか私の個人的な思いも強くなりましたが、35歳の一年が横山さんにとって幸多き一年になりますように!

誤字脱字は相変わらずなのでスミマセン!